Paths after Graduation

進路情報

都市政策科学科・大学院都市政策科学域の卒業後の進路は、実践的に都市を支える公共部門を担う職や、都市の活力を担う民間部門への就職、そして、都市に関する政策科学の研究と専門職能を修得する大学院進学(企業等で培った経験を踏まえての社会人大学院生としてのリカレント教育を含む)等が考えられます。

(前身の都市政策コース/都市システム科学域の進路実積)

実践的に都市を支える公共部門へ

国家公務員(財務省、総務省、国土交通省、農林水産省、厚生労働省、文科科学省、人事院等) 地方公務員(東京都、埼玉県、山形県、山梨県、香川県、長崎県、横浜市、川崎市、さいたま市、相模原市、港区、渋谷区、新宿区、世田谷区、大田区、武蔵野市、調布市、国立市、八王子市、町田市等)

都市の活力を担う民間部門へ

都市再生機構(UR) 、日本政策金融公庫、三菱東京UFJ 銀行、日本生命、東京海上日動火災保険、野村不動産、日本IBM、JR東日本、京王電鉄、東急電鉄、森トラスト、NTT都市開発、大成建設、清水建設、ミサワホーム、ダイワハウス、積水化学工業、パルコ、イオンモール、三越伊勢丹ビルマネジメント、日本設計、パシフィックコンサルタンツ、市浦都市開発建築コンサルタンツ等

都市の各専門領域における高度な研究を遂行する研究教育部門へ

大学教員(首都大学東京、福島大学、東京家政大学、日本女子大学等) 研究機関(電力中央研究所等)