Examination Information

入試情報

大学院入試科目等について

○博士前期課程においては、一般選抜入試に加えて、実務経験を基に研究をしようとする社会人学生を対象に社会人特別入試を実施します。
〇博士前期課程の夏季入試(翌年4月入学)においては、専門分野に関する基礎学力が特に優れていると判断される者を対象に、外国語(英語)及び筆頭試問を免除する筆記試験免除制度があります。
〇博士後期課程においては、本学都市政策科学域博士前期課程から直ちに同博士後期課程に入学する受験者には、専門分野に関する基礎学力が特に優れていると判断される者を対象に、外国語(英語)及び筆頭試問を免除する筆記試験免除制度があります。
〇仕事や育児・介護等をしながら研究を行おうとする学生は、在学期間を延長する「長期履修制度」が利用できます。

博士前期課程

○筆頭試問(専門科目・小論文)

○外国語(英語:TOEFL、TOEIC、もしくはIELTSのスコア原本を提出)

○面接(口頭試問を含む)

※1)社会人特別選抜では外国語試験を行いません。
※2) 筆記試験免除制度(首都大学東京在学生対象・首都大学東京以外の国内大学に在籍する学生対象)ではGPAスコア・志願書等での書類選考の上、面接(口頭試問を含む)を実施します。出願期間や提出書類が一般選抜と異なりますので、詳細はお問い合わせ下さい。

博士後期課程

○筆頭試問(専門科目)

○外国語(英語:TOEFL、TOEIC、もしくはIELTSのスコア原本を提出)

○面接(口頭試問を含む)

●大学院都市政策科学域の「アドミッション・ポリシー」はこちらからご覧いただけます。